2012年1月アーカイブ

来たる2月14日(火)、当会派(議員)による県事業の評価(仕分け)の試行を、公開にて実施することになりました。  

 

◆実施の主旨

 地方行政の改革・改善に向けては、厳しい財政状況もあり、県民の皆様の関心も高く、長野県においては、2回にわたって「信州型事業仕分け」が実施され、その内容や成果について県民の皆様の注目するところです。
 一方、地域主権改革が進む中で、地方自治の二元代表制に鑑み、予算執行をチェックする地方議会の責任も大きくなっています。他の自治体議会では、議会や会派として「事業仕分け」や事業評価を行う動きも広がっています。
 そこで、私たち長野県議会の会派「改革・新風」としても、その責任を果たすべく、会派(議員)による県事業の評価(仕分け)の試行を実施します。  

 


 

1.実施対象事業
 ① スノーリゾート信州構築事業 (観光部観光振興課)
 ② 高齢者・障害者にやさしい住宅改良促進事業(健康福祉部地域福祉課)
 ③ 学力実態調査事業(教育委員会教学指導課)  
  ※平成22年度事業についての事務事業評価の結果が「C」(やや下回る)となったもののうち、「信州型事業仕分け」の対象になっていないものから選定しています。

 

2.実施時期  2月14日(火)
   10:30~   ①事業評価
    12:00~   昼食休憩
    13:00~   ②事業評価
    14:30~   休憩
    14:45~   ③事業評価
    16:15~   まとめ

 

3.実施方法
 おおむね「事業仕分け」に準じ、各事業1時間半を目途とし、リーダーから選定の趣旨等、県側担当者から事業の内容および評価結果の趣旨説明、意見交換、議員および県民評価委員の評価決定を行います。

 

4.会場  ホテル国際21 2階会議室

 

5.その他
 県民の皆様に公開で実施します。是非傍聴にお出かけください。時間の許す限り傍聴の方からもご質問、ご意見をいただきたいと考えています。

 

【連絡・問い合わせ先】  長野県議会 改革・新風
 電話: 026-232-0087    Fax: 026-231-5592

カテゴリ

アーカイブ