平成26年 11月定例県議会

平成26年11月定例県議会が、1127日(木)~12月12日(金)の間、16日間の会期で開かれました。

改革・新風では、下記の内容で12名の議員が一般質問を行いました。

 


  

■一般質問  

 

 

 続木幹夫 議員 (12月2日・持ち時間12分)    

組体操について

米価下落について

 

 

 下沢順一郎 議員 (12月2日・持ち時間12分)    

衆議院解散に伴う長野県への影響等について プロスポーツへの助成について 子どもを性被害から守る条例について

 

 野澤徹司 議員 (12月2日・持ち時間10分)    

失語症について

・高校生の自転車走行に対する指導について

 

 

 荒井武志 議員 (12月2日・持ち時間12分)    

・新水道ビジョンの策定について

小中一貫校の制度化について

・警察の非違事案防止対策について

 

 

 山岸喜昭 議員 (12月3日・持ち時間10分)    

浅間山の火山防災、安全対策について

遭難防止対策協会の装備について

 

 

 吉川彰一 議員 (12月3日・持ち時間12分) 

消費税への軽減税率の導入等について

統合型リゾート(IR)について

リニア中央新幹線建設に関する協定について

 

 

 甕 裕一 議員 (12月3日・持ち時間13分)    

地方分権改革について

「地方創生に係る提案書」について

山岳遭難の防止対策について

県立高校の備品について

 

 石和 大 議員 (12月4日・持ち時間12分)    

子ども支援センター(仮称)について

信州あいさつ運動について

ニート・ひきこもり等のサポートについて

メディアリテラシーについて

子育ての地域連携について

幼少期に感性を磨くということについて

 

 

 依田明善 議員 (12月5日・持ち時間12分)    

空き家対策と移住交流推進について


 

 堀場秀孝 議員 (12月5日・持ち時間12分)    

観光振興と道路事業について

中学校における修学旅行の交通手段について

全国レクリエーション大会について

県営野球場について

中学生期のスポーツ活動指針について

 

 

 中川博司 議員 (12月5日・持ち時間12分) 

アルコール健康障害対策基本法について

子どもの貧困対策について

東日本大震災からの避難者への支援の現状について

近代化産業遺産の活用について


 

 小島康晴 議員 (12月5日・持ち時間11分)    
勤労者福祉施設条例の一部を改正する条例案について
地域自治組織のあり方と県の支援について
水道事業の移管について
リニア中央新幹線関連道路の整備について

 

 



 

なお、11月県議会の概要につきましては、議会広報「こんにちは県議会です」もご覧ください。

  ⇒ こちら (PDFファイル閲覧)

 

カテゴリ

アーカイブ