平成25年 2月定例県議会

平成25年2月定例県議会が、220日(木)~3月21日(木)の間、30日間の会期で開かれました。

今回の2月定例会では、知事から県総合5か年計画の初年度となる平成25年度一般会計予算案、国の補正予算を活用して経済雇用対策を実施する平成24年度一般会計補正予算案などの議案が提出されました。

そして審議の結果、総額8,298億9,829万円の平成25年度一般会計予算案、総合5か年計画など、知事提出議案64件を原案のとおり可決いたしました。

改革・新風では、竹内副代表が代表質問を行うとともに、下記の内容で9名の議員が一般質問を行いました。



 

■代表質問  

 

 竹内久幸 議員 (2月26日・持ち時間60分)  

 

・県政運営について

当初予算案について

雇用・経済対策について

新たな総合5か年計画について

信州教育の再生について

再生可能エネルギー推進の取り組みについて

公共交通対策について

知事が公約した各種条例について

新たな4年制大学の設置について

並行在来線存続への準備状況と新幹線長野以北開業に備えた活性化対策、リニア中央新幹線への取り組みについて

道州制議論への対応について

森林税の活用について

 

 


 

■一般質問  

 

 

 石和 大 議員 (2月28日・持ち時間20分)  

第2期長野県食と農業農村振興計画について

・ワインバレー構想について

・少子化対策について

・次世代のサポートについて

 

 下沢順一郎 議員 (2月28日・持ち時間17分)    

アベノミクスについて

県立4年制大学について

 

 続木幹夫 議員 (3月1日・持ち時間12分)   

信州F・POWERプロジェクトについて

政治教育について
 

 山岸喜昭 議員 (3月1日・持ち時間15分)   

長野県農業の担い手育成と長野県農業大学校の在り方について

移住・交流の促進について

受動喫煙の防止施策について

 

 小島康晴 議員  3月4・持ち時間19分) 

・新たな総合5か年計画について

・総合交通ビジョンと交通施策について

・元気づくり支援金について

・小水力発電の推進について

・情報化社会への対応について

・信州教育の再生について

 

 甕 裕一 議員 (3月4日・持ち時間16分)   

歳入確保等について

「2013年問題」に係る県内の雇用施策について

ふるさと信州風景百選等について

 

 堀場秀孝 議員 (3月4日・持ち時間13分)   

有料道路に関して地元自治体との連携について

観光県としてのアピールについて
 

 中川博司 議員 (3月5日・持ち時間17分)   

公契約条例について

地域公共交通の活性化について

地域防災計画及び被災者支援について

ライチョウ、イヌワシの保護について

 

 依田明善 議員 (3月5日・持ち時間16分)  

農業および農村の振興方策について

長野県のイメージ戦略について

 

 


 

なお、2月県議会の概要につきましては、議会広報「こんにちは県議会です」もご覧ください。

  ⇒ こちら (PDFファイル閲覧)

 

カテゴリ

アーカイブ