平成24年 9月定例県議会

  

平成24年9月定例県議会が、9月20日(木)~10月5日(金)の会期で開かれました。

改革・新風では、下記の内容で9名の議員が一般質問を行いました。



 

■一般質問  

 

  続木幹夫 議員 (9月25日・持ち時間12分)  

信州F・POWERプロジェクトについて

低投入持続型農業の研究と普及について

 

 

  荒井武志 議員   925日・持ち時間13分) 

中国との経済交流等について

発達支援を専門に行う学校について

地域福祉計画について

 

 

 石和 大 議員 (9月25日・持ち時間14分)   

県内学校児童生徒のいじめ実態把握と対策について

長野県への移住交流促進の施策について

 

 

 山岸喜昭 議員 (9月26日・持ち時間12分)    

「地域発 元気づくり支援金」について

山岳環境の整備と山岳観光の推進について

 

 

 堀場秀孝 議員 (9月26日・持ち時間10分)    

有料道路利用者の負担軽減について

スポーツによる元気な信州づくり包括連携について

県営野球場の大規模改修について

 

 

 中川博司 議員 (9月27日・持ち時間14分)   

地域公共交通への県の支援のあり方について

健康増進計画について

「義務付け・枠付け」の見直しに伴う条例改正について

 

 

 下沢順一郎 議員 (9月28日・持ち時間12分)   

人口減少社会と新たな総合5か年計画について

県内企業の海外展開について

AIJ問題について

レベニュー債について

 

 

 竹内久幸 議員 (9月28日・持ち時間14分)   

県有施設の老朽化と改築対策について

震災復興への任期付き職員の採用について

在宅介護者への支援と職員の処遇改善について

「民生児童委員活動と個人情報の取り扱いに関するガイドライン」を踏まえた今後の取り組みについて

福祉職員の採用等について

信濃川水系河川整備計画への県意見の反映について

 

 

 

 依田明善 議員 (9月28日・持ち時間12分)   

若者の支援全般について

 

 

 

 

 

 

カテゴリ

アーカイブ