平成23年 11月定例県議会

 

平成23年11月定例県議会が、11月24日(木)~12月9日(金)の会期で開かれました。

改革・新風では、下記の内容で9名の議員が一般質問を行いました。



 

■一般質問  

 

  続木幹夫 議員 (11月29日・持ち時間12分)  

・農政改革について

・住宅リフォーム助成制度について


 野澤徹司 議員 1129日・持ち時間11分) 

・学童クラブへの支援について

・長野県耐震改修促進計画について

産業問題について

 

 甕裕一 議員 (11月30日・持ち時間12分)   

・地域高規格道路「松本糸魚川連絡道路」安曇野地域概略ルート案について

・改正NPO法等について

・健康長寿社会への取り組みについて

 

 山岸喜昭 議員 (12月1日・持ち時間11分)    

・地域医療について

・「観光立県長野」再興計画について

 

  荒井武志 議員  (12月1日・持ち時間15分)    

・新たな総合5か年計画の策定について

・県有財産の有効活用について

・国家公務員給与削減の地方への波及について

・新しい人事・給与制度について

 

 依田明善 議員 (12月1日・持ち時間13分)   

・新規就農支援について

 

 石和 大 議員 (12月2日・持ち時間13分)   

・福島原発事故の影響による放射線量の調査について

・長野県の観光戦略について

 

 吉川彰一 議員 (12月2日・持ち時間13分)   

・税制について

・民間活力について

 

 中川博司 議員 (12月2日・持ち時間13分)   

・防水シート使用の「ため池」の事故対策について

・労働雇用対策について

・東日本大震災避難者への支援について


カテゴリ

アーカイブ